シックハウス症候群について

住居内での室内空気汚染に由来する様々な健康障害を総称してシックハウス症候群と呼びます。住宅の高気密・高断熱化が進み新建材と呼ばれる化学物質を含有した建材を多く用いたことにより、室内空気が化学物質などに汚染されそこに住まう人の健康に悪影響を及ぼすようになってしまいました。シックハウス症候群は原因も症状も多種多様で、ひとつの原因やひとつの症状、ある一面からの定義だけでは正しく理解することができません。

原因

  • 建材から揮発する化学物質
    化学物質を含有・添加した新建材が多用されそこから揮発する化学物質によって室内空気が汚染されてしまっています。壁紙や接着剤、合板、塗料などあらゆる建材が室内空気汚染の原因となっています。
  • 家具などから揮発する化学物質
    じゅうたんやカーテン、家具からも化学物質は揮発しています。接着剤や難燃剤、防虫剤など様々な化学物質が含まれています。
  • 換気不足
    住宅の高気密、高断熱化が進みましたが、国の政策が換気の設置を義務化することが遅れたために室内空気汚染の原因となってしまっています。今では計画換気、24時間換気が義務付けられていますが、住まわれる方にしっかりとした説明も必要です。
  • カビやダニ
    高湿度で結露を起こしやすい住宅では、カビやダニを発生しやすくなってしまいます。カビやダニによるアレルギーなど健康に悪影響を与えています。
  • 体質の変化
    アレルギー体質の人や、化学物質に過敏の体質の方が増えています。また、ストレスなどの心理的要因などもシックハウス症候群の原因のひとつではないかと考えられています。
  • 日常生活用品
    化粧品やタバコ、スプレー類、防虫剤、暖房器具などの日常生活用品から発生する化学物質も原因となります。

症状

シックハウス症候群の症状は個人差が激しく非常に多岐にわたります。また不定愁訴と言われるような、本人にしか自覚できないような症状が多く自律神経失調症や更年期障害、風邪、精神疾患などと間違われてしまうこともよくあります。はっきりとした症状を示さなかったり、次々と症状が移行していくことも多くなんとなく調子が悪いなと思っていても、それがシックハウス症候群だと本人も気付かない事もよくあります。

対策

シックハウス症候群は上記に挙げたとおり、環境起因型の疾患です。環境起因型疾患の予防で最も有効なのは、環境を改善することです。しかし冬は暖かく、夏は涼しい、また光熱費を出来るだけ少ない省エネの家を造るには高気密で高断熱の家にする他ありません。また、原因となる化学物質を完全に室内環境から消すことは現実的に不可能です。

スペース
シャノンハウスでは、室内の化学物質を出来る限りなくすために無垢材のフローリングの採用や、ご家族が団欒されるダイニング・リビングにはクロスではなく、珪藻土塗りをご提案しています。
他にも天井については、部屋内の空気を汚染しないようハイクリーンボードと呼ばれる石膏ボードを標準で施工しています。さらに、FPの家では壁内結露した場合でも、パネル自体は結露しないために目に見えない壁の内部でのカビやダニを抑制します。パネルの結露に関しては50年の保障もありますので、安心してご生活いただけます。
そして、シャノンハウス独自の取り組みとして、お引渡しの前にVOC測定(人体に悪影響を及ぼす化学物質の濃度測定)を行い、その数値をお客様に実際にご確認いただきます。高気密、高断熱を売りにしているからこそ、とことん環境と健康にはこだわっています。
Copyright(C) SHUNAN SYSTEM SANGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.