市街化調整区域の父所有の農地に家を建てるときの手続き

市街化調整区域内の農地に家を建てようとする場合、原則として、市町村の農業委員会による許可が必要です。
まずは、父の所有する農地の一部に家を建てることが可能かどうかを確認しましょう。建築が可能であったとしても所定の手続きが必要になりますので、市町村役場で手続き等に関する問い合わせをするのが先決です。

市街化調整区域とは

市街化調整区域とは、都市計画法によって「市街化を抑制すべき」とされている区域で、開発行為や都市施設の整備が抑制されます。したがって、許可なく新たな建築物を建てたり、既存の建築物を増築したりすることができないようになっています。
一般的に、市街化調整区域内で住宅を建てられるのは、農業、林業、漁業などを営む人が自宅を建てるような場合に限定されています。父親の所有する農地の一部に住宅が建てられるかというと、農家の分家の住宅として認められないと難しいでしょう。
また、そもそも市町村によってその農地が「農用地」に指定されていると、農地として使うための土地に指定されているわけですから、根本的に住宅を建てることができません。まずは、農用地に指定されていないことを確認しましょう。
お住まいの市町村でいうと、「農業振興課」というところに正確な地番を伝えて確認することになります。農用地でなければ、住宅を建築できる可能性が出てくるわけですが、次の関門として、建築可能かどうか審査を受ける必要があります。
お住まいの市町村では、「開発指導課」というところで審査を受けます。審査がすべてOKの場合に初めて、住宅の建築が可能になります。
ここでようやく、農業委員会に許可申請を出すことになります。

このような手続きの流れは市町村によって異なる場合もあるようなので、まずはシャノンハウスの営業までご相談下さい。

Copyright(C) SHUNAN SYSTEM SANGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.