木造と鉄骨造の違い

木造住宅

木造住宅には大きく分けて2種類があります。

木造軸組工法

木造軸組工法は建築構造の木構造の構法のひとつで日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた構法で、在来工法とも呼ばれています。木造軸組工法では、主に柱や梁といった軸組(線材)で支えます。設計自由度が比較的高めの工法で現在最も多くの住宅がこの木造軸組工法で建てられています。

主なメリット
  • 自然素材を多く使用するためシックハウス症候群など健康面での心配が少ない
  • 将来の変更や改造が比較的容易にできる。
  • 低コストで建てることが可能
主なデメリット
  • 工期が長くなる。
  • システム化されていないので、出来上がりの善し悪しが実際の施行にあたる大工の技術に大きく左右され品質にばらつきが出る。

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は、耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造です。木造軸組構法が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、ツーバイフォー工法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支えます。
多くの規格材のうち、約2インチX4インチ(ツーバイフォー)の材料が基本構造に使われるのでこう呼ばれています。

主なメリット
  • 枠組壁工法なので耐震性が優れている。
  • 気密性が高い。
  • 工法がマニュアル化されていて、パネルを立て込む方式なので工事期間が短く完成は早い。
主なデメリット
  • 耐震性が壁によって確保されているため、将来的な壁の撤去や貫通などはできず間取りの変更が困難。
  • 高湿度の環境では気密性が高いので湿気が抜けず腐食の可能性がある

軽量鉄骨ブレース工法

鋼材の厚みが約6ミリ以下の軽量形鋼材で柱、梁、土台などの架構をつくる工法。地震や風などによる水平方向の力に対しては、壁や床に木造軸組工法の筋交いに当たるブレースを入れて安定させます。

主なメリット
  • 工場生産で現地組み立てのため、工期が短い
  • 広い空間が取れるためプランの自由度が木造より高い
  • 現場での施工が簡単なので、完成度にむらが少ない
主なデメリット
  • 金額が木造より高い
  • 鉄骨の方が木造よりも熱を伝えやすい事で、断熱性が低い


工法としたら他にもコンクリート住宅や重量鉄骨住宅もありますが、それぞれにメリット・デメリットは必ずあります。構造(工法)家造りで一番最初に決めなければいけない事ですが、最も大事な選択になりますので、しっかり調べた上で計画しましょう。

Copyright(C) SHUNAN SYSTEM SANGYO CO.,LTD. All Rights Reserved.